街かどのクラシックス:捕獲簿3

この半年くらいで撮りためた個性的なクルマたち。最近はなかなか撮る機会が減ってしまっているが、どうしてどうして面白いクルマたちはまだまだ隠れている。

 

 

初代トヨタ・プリウス

キレイに保たれた初代プリウスのNHW11後期型。こんなにキレイだと数年前のクルマのようだが、20年前のモデルなんである…

f:id:teppay75:20190227215642j:plain

ルノー・ラグナ・ワゴン

新車当時もなかなか見なかったが、久しぶりに見れた!このさりげないシンプルさがいいのだ!

f:id:teppay75:20190227215701j:plain

 

トヨタ・セプター

アメリカ版トヨタ・コロナことセプター。アメリカを最も感じるのは、やっぱりこのクーペだろう。シンプルなフルノーマルで、かつヤレもなくさり気なく素晴らしい。

f:id:teppay75:20190227215729j:plain

5代目ホンダ・シビック

お!EGシビック。しかもVTECとあるのでSiRのようだ。塗装も美しく、純正フォグランプまでノーマルだが、バケットとP1レーシングっぽい白のアルミがシブイ。

f:id:teppay75:20190227215735j:plain

2代目ホンダ・インテグラ

そしてこちらには同世代の"カッコ・インテグラ"ことDA/DBインテグラ・3ドア。よりキャルっぽいローダウン・ルックが時代だ。

f:id:teppay75:20190227215747j:plain

8代目日産サニー

このあたりが日本では一番見なくなってるかもしれない、前期型のB14サニー。

f:id:teppay75:20190227220345j:plain

7代目日産セドリック

Y31セド・グランツである。BBSもバッチリとキマっている。

f:id:teppay75:20190227215709j:plain

初代いすゞ・ピアッツァ

本当に素晴らしいピアッツァに遭遇した。純正アルミまで美しい。塗装、デカール、そしてボッシュのカバー付きフォグランプ。この姿を見ていると、あらためて好きだなあと思い直す。ジウジアーロの傑作。

f:id:teppay75:20190227215926j:plain

アルファロメオ・アルフェッタ

ピアッツァもジウジアーロだが、アルフェッタもまたジウジアーロの作品。ピアッツァの数年先輩にあたるのがデザインでも伝わってくる。というか、ちょっとS31フェアレディZだよな(笑) 

アルファロメオらしからぬというか、ワルそうな黒いホイールが時代感があっていい。

f:id:teppay75:20190227220120j:plain

 

3代目トヨタ・カリーナ

偶然にも2台のA60系カリーナに遭遇。こちらは前期型だが、エンジンは何だろう。外品のゴツめなアルミが味だ。

f:id:teppay75:20190227215852j:plain

こちらも前期型の恐らく1500ST。ほぼノーマルで端正な姿を見せる。35歳。まだまだ頑張ってほしいな。

f:id:teppay75:20190227215858j:plain

 

日産チェリーキャブ・コーチ

ふと通りかかって、思わず急ブレーキ!なんだこれは?

後のバネットバンとなる、サニーベースのキャブオーバー・バン。B10サニー譲りの1000ccエンジンで8人乗りとなる。素晴らしい状態だ。

f:id:teppay75:20190227215818j:plain

 

3代目トヨタ・クラウン・ワゴン

素敵な色のステーションワゴンは、3代目50系クラウン。横開きのヒンジが見えるバックドアなのでワゴンであるカスタム。恐らく後期型。

サーフ、ホットロッド的な仕上げでカッコいい。

f:id:teppay75:20190227215634j:plain

VWビートル

秋の日差しに、いい感じに歳を重ねた6Vらしき黄色いビートル。

f:id:teppay75:20190227215807j:plain

 

 

初代フォード・サンダーバード

大変美しい状態で止まっていた。後ろにハードトップがある。

f:id:teppay75:20190227215649j:plain

 

 

モーリス・マイナー・カントリーマン

近所に、素晴らしい状態のカントリーマンがいた。

f:id:teppay75:20190227215842j:plain

 

ダイハツ・ミゼット

元気に坂を下ってやってきた。フルレストアで最高の状態だ。

f:id:teppay75:20190227215911j:plain

 

ボンド・ミニカーMk-F

今回最も驚いたMVPな一台。

イギリスの三輪車メーカー・ボンドが、1958年から63年にかけて製造したモデル。ボンドは後にリライアントに買収され、Mrビーンなどでも揶揄されて知られるリライアント・ロビンなどの三輪車を製造する。

これがなぜ日本に!? こんな道端に!? なぜほったらかし? もったいないというか、数奇な運命を感じる…

f:id:teppay75:20190227220358j:plain

見る限り、幌は失われている以外エンブレムなども欠品は無さそうだが…日本で登録されたようには見えない。いつ頃、どのような経緯でこの地にたどり着いたのだろうか。

f:id:teppay75:20190227220404j:plain

ホンダ1300

この場所には他にも驚くクルマたちがいた。ホンダ・1300クーペ7S。ボンネットが開いているのは、やっぱりアッパーマウントが突き上げているから?

f:id:teppay75:20190227220410j:plain

2代目日産ブルーバード

そしてこちらには410ブル、1600SSS。ケンカワイパー!

f:id:teppay75:20190227220422j:plain

初代トヨタマークⅡ・ピックアップ

これもまたレア!ぜひどなたかオコしてほしい…なぜかレース趣味なボンネット・ストライプ、中期型の個性あふれる顔がまたいい。

f:id:teppay75:20190227220433j:plain

 

 

www.teppayalfa.com

 

www.teppayalfa.com