街かどのクラシックス:捕獲簿

最近捕獲したクルマたち。

 

ジャパンがキレイに残されている。深いハヤシ・ストリートのホイールがシブい…

f:id:teppay75:20181026234228j:plain

 

三菱・スタリオン。リアにはクライスラー・コンクエストのバッヂが貼ってあり、オーナーのさりげないこだわりが見て取れる。

f:id:teppay75:20181026234241j:plain

 

岐阜へと向かう道すがらに出会った、初代クレスタ・2.0スーパールーセント。ワンオーナーのようだ。

f:id:teppay75:20181026234256j:plain

 

なんてお宅だ!通りすがりに驚いた。R31スカイラインの揃い踏み。かたや4ドアの後期、かたや2ドアクーペ。4ドアにはGTオートスポイラーも装備して、当然両車素晴らしい状態を維持されている。

f:id:teppay75:20181026234317j:plain

 

香港で見かけた、素晴らしくキレイなCR-X。香港やマカオにはこのあたりの80~90年代のJDMモデルが良い状態で残っているのを時折見つけることができる。愛情だな~。

f:id:teppay75:20181026235951j:plain

 

無限ホイールのみのフルノーマル。素晴らしい。

f:id:teppay75:20181027000003j:plain

 

これまた最高な、エクサ・コンバーチブル!こんな希少車がこんなに美しい状態という驚異!

f:id:teppay75:20181027000019j:plain

 

ホロもしっかりしているが、青空駐車で心配になったり…失敬。

f:id:teppay75:20181027000034j:plain

 

NAロードスターかと思いきや、あのM2 1001である!オートサロン期間中の幕張で遭遇。

f:id:teppay75:20181027000111j:plain

 

そろそろ20年を経過してしまうことになる、最終型のコロナ・プレミオ後期。

f:id:teppay75:20181027000125j:plain

 

これも立派な希少車!? 我が家の近所には街宣車が停まっている。何のこだわりか、どちらも欧州車。90年代前半のU-B10MCボルボ・アステローペに、こちらも同年代のネオプラン・N117/2スペースライナー(元中央観光)という国粋主義とは程遠いチョイス(笑)

f:id:teppay75:20181027000137j:plain

 

最近のクルマも少し。

あまりに巨大なサイズになんだこりゃ!となったのは、北米日産のNVパッセンジャー。5.6Lエンジンで全長6m…絶句。

f:id:teppay75:20181027000149j:plain

 

いつでも好きなランチア・デルタ。

f:id:teppay75:20181027000202j:plain

 

京都ではシトロエンに遭遇。これはショップの鈑金途中なのか、バンパーも外されてキレイな塗装で佇んでいた。

f:id:teppay75:20181027000219j:plain

 

その傍らには、シトロエン2CVフルゴネット。くたびれ具合も申し分なし。

f:id:teppay75:20181027000300j:plain

 

ルーフ際に付けられた2分割のナンバーが粋だ。

f:id:teppay75:20181027000312j:plain

 

これは愛知の碧南で捕獲した、よいくたびれ具合のルノー・キャトル。

f:id:teppay75:20181027000447j:plain

 

こっちは非常に美しい、ロータス・エスプリ。シリーズ1だろうか。

f:id:teppay75:20181027000650j:plain

 

大きな大きなサイドマーカーが素敵なUS仕様、初代5シリーズ。1981年の528iか。ペイントもヤレず、かといってオーバークオリティでない適度な佇まいが非常に好ましい。オーナーはどのような思い入れを持って乗られてるのだろうか。

f:id:teppay75:20181027000703j:plain

 

 

www.teppayalfa.com

 

www.teppayalfa.com

www.teppayalfa.com