スリランカの車たち

多数を占めているのが日本車だが、それ以外にも面白い車が走ってるのがスリランカ。特にキャンディのような地方の方が、より高齢のいい感じのクルマたちが走っていて目の保養になる。

 

基本的には右ハンドル、インドに近い、元イギリス領というのがキーワードになる。

 

 

タタ ナノ

 

コロンボの空港でのタタ・ナノ (Tata Nano)。タクシーにも使われている、さすがに人気の車。

f:id:teppay75:20181107113455j:plain

 

旧規格の軽よりさらに小さい。リアエンジンを物語るリアドア下のインレット。

f:id:teppay75:20181107113522j:plain

 

 

トヨタ カリーナ

FRカリーナ。80年代なので30年選手。

f:id:teppay75:20181107113529j:plain

 

 

マルチスズキ アルト

スズキ・アルトだが、インドのマルチ・スズキ版である。ルーフレール付きも含めてまだまだ沢山走っている。

f:id:teppay75:20181107113536j:plain

 

 

マヒンドラ ボレロ

これはマヒンドラ・ボレロ (Mahindra Bolero)、インドものである。これも多数が色んな架装で走り回っていて、しかも現行車である。ダイハツ・ネイキッド的な…メンテ費用軽減を狙っているのか。

f:id:teppay75:20181107113548j:plain

 

こういうCMもあって、なかなかに香ばしい…

www.youtube.com

 

タタ 1313トラック

トラックはやはりインドメーカー・タタがもっとも多い。キャブオーバーも、これのようなボンネットも混在している。この古めかしいトラックはTata 1313というシャシーらしく、バスボディも架装されているようだ。

f:id:teppay75:20181107113602j:plain

 

ドア無し!しかもどうもこれが基本のようで…

 

フォトン トラック

ここではこういう中国製トラックを売っていて、それも増えている様子。フォトン(福田汽車, Foton)は最近知られるようになったフェイク・ハイエースも作っている。

f:id:teppay75:20181107113716j:plain

 

 

このフォトン、非常にシンプルなストレートのラダーフレーム、鋼板曲げだけのストラット支持部、それにこの画像のようなゴムブッシュだけでキャビンを支持…これは確かに安くなるはず。無駄な拘りは一切ない。

f:id:teppay75:20181107113727j:plain

 

 

ヒルマン ハンター

未だに古いイギリス車を見かけることもあり、歴史を思い出す。これは何だ!? 色々調べてヒルマン・ハンターと判明。60年代後半だろうか。非常に状態が良い。

f:id:teppay75:20181107113737j:plain

 

ルーツ・グループ最後のオリジナル・デザイン。イギリス車がおかしくなる直前の端正な"らしい"スタイルが素敵だ。

 

 

ランカ・アショック・レイランド バイキング

路線バスには、なんといってもこのランカ・アショック・レイランドのバイキング (Lanka Ashok Leyland Viking) というモデルが大正義。キャブオーバー、前後ドアのロングボディ。運転席横にどデカくエンジンスペースが邪魔している。

これがクラクション鳴らしまくりでガンガンにセンターラインを越えて前から爆走してくる光景を想像して欲しい。それがスリランカの風景。

乗車記はここここで読んでみてほしい。

f:id:teppay75:20181107113748j:plain

 

レイランドはイギリスの商用車メーカーだが、80年代はジャガーまで含むほぼ全てのイギリスメーカーの親会社でもあった。本国のレイランドが散り散りになった後、インドでの合弁会社が独立したのがアショク・レイランド。このバスのメーカーは、そことスリランカ政府との合弁会社であるランカ・アショク・レイランドである。

 

タタ 1313バス

アショック・レイランドがバスの3分の2を占めているとしたら、残りはこのタタだ。先述のタタ1313シャシーは短め。中寄りの前後ドア。

f:id:teppay75:20181107113757j:plain

 

 

このタタはロングボディ。赤いボディは長距離路線だろうか。コロンボ-キャンディを4時間(3,000円)程度で結ぶ。

f:id:teppay75:20181107113812j:plain

 

 

こんなタタもやってきた。後ろがトラックになった超ショートボディ。まるで軽のデッキバンだ!

f:id:teppay75:20181107113820j:plain

 

 

アショック・レイランド MITR

アショック・レイランドの現行型マイクロバスAshok Leyland MITRがいた。後ろは同じインドメーカーのエイヒャー (Eicher)

f:id:teppay75:20181107113831j:plain

 

 

日産 B12サニー

コロンボは首都だけに古いクルマは少ない。1台のトラッド・サニーが走っていった。20年選手だ。

f:id:teppay75:20181107113840j:plain