スリランカ自動車図鑑2 (日本で見れないクルマ編)

 

www.teppayalfa.com

 

 

今回スリランカで見かけたクルマたち。

中でも日本では見れないクルマをピックアップしてみた。

 

基本の基本、タタ・ナノ。現在もフェイスリフトしつつ販売している。

f:id:teppay75:20181026224225j:plain

 

インドのマルチ・スズキ・アルト800だ。2014年からの比較的新しい現行モデル。

f:id:teppay75:20181026224240j:plain

 

アルトの旧型で、こちらではアルトと名がつく前のマルチ・800だ。この2代目はなんと1986年からなんと2010年頃まで驚異の25年間も販売されていた名車である。タタ・ナノが出るまでは最廉価モデルであり続けた。

f:id:teppay75:20181026224255j:plain

 

KIAの小型車、ピカント

f:id:teppay75:20181026225120j:plain

 

マルチ・スズキのコンパクト・ハイトワゴン。MRワゴンをベースに作られたZen Estiloだ。1.1Lエンジンを搭載し2006~2009年まで販売された。

f:id:teppay75:20181026225137j:plain

 

これも起亜の小型セダン、KIA Rio。この初代は2000-2006年に1.5Lエンジンを搭載していた。独創的なフロントフェイスがいい。

f:id:teppay75:20181026225213j:plain

 

スリランカ・ブランドのセダン、Micro Emgrand 7は中国・吉利 (Geely)のブランド、帝豪 (Emgrand) EC7をスリランカ資本の販売網で販売している形をとる。

f:id:teppay75:20181026225241j:plain

 

1.8Lの典型的な3ボックスセダン。

f:id:teppay75:20181026225300j:plain

 

通りすがりに撮影したが…なんだろう。欧州車っぽいが特定できず…

f:id:teppay75:20181026225322j:plain

 

サンヨン・コランドは韓国車。2.0Lターボディーゼルを積む、2011年からの現行型だ。

f:id:teppay75:20181026225341j:plain

 

中国・東風小康 (东风小康、DFSK)によるDFSK Gloryは东风小康 风光の海外版モデル名。前回も見たが、時折見るくらいには売れている。

f:id:teppay75:20181026225358j:plain

 

スリランカのバスでは2番めによく見るTATA 1510系のPadaviprapthi bus DM bodyという、少し違った顔を持つボディ。女性が追いかけてくるのを皆で乗せてあげている。

f:id:teppay75:20181026225417j:plain

 

この真新しい観光バスは中国・山東省の中通客车 (Zhongtong Bus, 中通客車) 8m級モデルだ。ここでも中国製バスは珍しくなく宇通客车(Yutong Bus, 宇通客車)なども見るが、中通はあまり見ない。もちろん右ハンドル。

f:id:teppay75:20181026225456j:plain

 

朽ち果てつつある、アショック・レイランド (Ashok Leyland)のタンクローリー。

f:id:teppay75:20181026225515j:plain

 

これまた不思議な顔をしたトラック。いろいろ調べてもよくわからんままである…残念!

f:id:teppay75:20181026225533j:plain

 

 

www.teppayalfa.com