中国映画レビュー「江湖儿女(江湖児女) Ash is Purest White 帰れない二人」

江湖儿女(江湖児女) Ash is Purest White 帰れない二人

 

 

江湖儿女(江湖児女) Ash is Purest White 帰れない二人

www.youtube.com 江湖儿女 (Ash is Purest White) -- 中文电影预告片

 
 

【スタッフ & キャスト】

2018年 中国

監督:贾樟柯(ジャ・ジャンクー)

出演:赵涛(チャオ・タオ)廖凡(リャオ・ファン)徐崢(シュー・ジェン)梁嘉艳(キャスパー・リアン)

 

 

 

【ストーリー】

農村でヤクザとその女として地域を支配していたカップルは生活を謳歌していた。だがある日拳銃沙汰を起こして逮捕される。主人公の女が出所し故郷に帰ってみると、そのヤクザも街も既に変わっていた。

 

 


【感想】

北京から遠く離れたような農村部での、ここだけで完結したような世界で繰り広げられる生活。それがやはりヤクザ的な存在とも密接なのは、ある意味自然だと思う。昔の日本でもごく当たり前だった構造の中国版であり、今もまだ続いているのはただ国土が広大だからというだけの事で、いつかは彼らの居場所もなくなる。エンディング近くの故郷でのシーンはそんな雰囲気で、ある意味古き良き時代の終焉を描くような名残惜しさを感じる"素敵な"映画であった。

自分の2019年版中華系映画ベストテンでは2位に入れた。

www.teppayalfa.com

 

 


【トピック】

○ 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品。2019年9月以降には日本公開のようだ。
○ 赵涛(チャオ・タオ)は監督の前作「山河ノスタルジア」(2015)でも主演。廖凡(リャオ・ファン)はジャッキー・チェンの「ライジング・ドラゴン」(2012)に出演していた。馮小剛(冯小刚)監督もセリフありの役で出ていた。なぜか徐崢(シュー・ジェン)も出ていて不思議であった。彼は本当に、どんなところにも顔出している気がする。

www.bitters.co.jp