最近の中国/台湾映画

最近見た中国'&台湾映画はこの5つ。

 

 

 

芳华 (芳華) Youth  

f:id:teppay75:20181026213716j:plain 

www.youtube.com

2017年中国
監督: 冯小刚(フォン・シャオガン)
出演: 黄轩(ホァン・シュエン),苗苗(ミャオミャオ),钟楚曦(ジョン・チューシー)

一昨年「我不是潘金莲」を撮った冯小刚による新作。1970~80年代の人民解放軍文工団での日々を、文革や中越戦争を通して描く。文工団は、戦意高揚などの目的で踊りなどの舞台を見せる隊で、女性も多く、若者たちが戦地とは離れた場所ながら、戦争に参加していた。

非常に美しい踊りのシーン、活気のある文革期の解放軍の雰囲気など、とても興味深いシーンが連続して出てくる。ある種プロパガンダなのかもしれないが、それでも暗く語られがちな時代にも様々な想いを抱えて生きていた若者たちがいた事を、ぐっと近しく感じることができた。
特に90年代だろうか、隊が解散し、改革開放期の激動に揉まれる姿が衝撃的だ。イデオロギーを揺さぶられながらも生き延びる姿が、今の中国の強さに繋がってくる。

【追記】なんと2019年4月から日本公開決定!

映画『芳華(ほうか)-Youth-』公式サイト

www.youtube.com

 

血觀音 (血観音) The Bold, The Corrupt and The Beautiful

f:id:teppay75:20181026213838j:plain


【血觀音】楊秀卿老師讚聲篇 11.24 必修婦黑學

 

2017年台湾
監督: 楊雅喆 (ヤン・ヤーチェ)
出演: 惠英紅(カラ・ワイ)、吳可熙(ウー・カーシー)、文淇(ヴィッキー・チェン/ウェン・チー)

冷静沈着な当主・棠夫人、自由奔放で反抗的な娘・棠寧、控え目で従順な孫娘・棠真。日本統治時代の名残りをとどめる豪邸で、女性一家3人で古物商を営む“棠家”には「台湾政財界のフィクサー」というもうひとつの顔があった。
あまりにも強い棠夫人の支配下で、微妙なパワーバランスを保っていた棠家であったが、友人の林県長一家惨殺事件発生をきっかけに、そのバランスが崩れ始め、事態は政界を揺るがす大スキャンダルへと発展していく…。ここより

これは…ちゃんとは見ていないので感想を書くことはできない。重厚な雰囲気がのめり込む前に疲れてしまった。改めて見よう。

 

 

 

老師你會不會回來 (老師你会不会回来) Turn Around

f:id:teppay75:20181026213948j:plain

www.youtube.com

 

2017年台湾
監督: 陳大璞
出演: 是元介、夏于喬 (キミ・シア)

921大地震に遭遇した新人教師が、子どもたちと復興する中で一緒に伝統音楽コンクール出場を目指す。

予算がかかっているわけではないのだろうが、丁寧に描いていて気持ちを揺さぶられる。台湾の人々の経済格差が想像以上に大きいことも実感させられる。貧乏な家族は予想以上に貧乏なのだ。それが教育の不足に繋がってしまう。松下奈緒に似ている夏于喬演じる女性教師にも、それが故の無力感があって日本以上の厳しさを感じた。予想以上に良い映画だった。

 

 

闺蜜2 Girls vs Gangsters

f:id:teppay75:20181026214037j:plain

www.youtube.com

 

2018年中国
監督: 黄真真
出演: 陈意涵(アイビー・チェン),张钧甯(チャン・チュンニン),薛凯琪(フィオナ・シット)

いかにもバブルな中国をイメージさせる、女3人のバブリーなドタバタ海外コメディ。ベトナムに旅行に行った先で様々なトラブルに巻き込まれる騒動を描く…というストーリーなのだが、この3人がいかにも勢いだけで最初から最後まで突っ走る。底抜けに明るい、ある種オバカ映画だ。ちなみに陈意涵(アイビー・チェン)は中国版のドラマ「深夜食堂」にも出演しているし、张钧甯(チャン・チュンニン)は台湾版「ハチミツとクローバー」に出演していた。実は監督も含めてみんな香港・台湾勢で作られている、というのが意外で興味深い。もはや中華圏での国籍は、ほとんど関係ないのだろう(下手に政治的な事を言わなければ)。
ま、これも途中でさすがに無理と離脱したが…

 

 

英雄本色2018 A Better Tomorrow 2018 (男たちの挽歌2018)

f:id:teppay75:20181026214205j:plain

www.youtube.com

 

2018年中国
監督: 丁晟 (ディン・シェン)
出演: 王凱(ワン・カイ)马天宇 (マー・テェンユー)、王大陸 (ダレン・ワン)、中野裕太

ジョン・ウー監督1986年作「男たちの挽歌」のリメイク。

「男たちの挽歌」は見ていないのでストーリーで確認すると、オリジナルとは異なり日本との闇取引の設定になっていて、東京での会食には相撲を見ながら食事ができる料亭(笑)が出てきて楽しめる。そこでのヤクザ親分役には日本人の中野裕太。東京だが博多弁できっちりとキメている。監督の丁晟 (ディン・シェン)は誘拐捜査(解救吾先生 Saving Mr. Wu)の人。中国版「容疑者Xの献身」の王凱(ワン・カイ)が渋くハードボイルドに、「我的少女時代」の"われらが"王大陸 (ダレン・ワン)が勢いのある舎弟役で、気持ちよく魅せる。