中国映画レビュー「誘拐捜査 解救吾先生 Saving Mr. Wu」

解救吾先生 Saving Mr. Wu (誘拐捜査)

誘拐捜査(解救吾先生 Saving Mr. Wu)誘拐捜査(解救吾先生 Saving Mr. Wu)

2015年中国
監督:ディン・シェン(丁晟)
出演:アンディ・ラウ(劉德華)、リウ・イエ(刘烨)、ウー・ルオプー(吴若甫)、ワン・チエンユエン(王千源)

2004年に実際にあった俳優ウー・ルオプー(吴若甫)誘拐事件を元にした、「人気スター俳優が人質に…。凶悪な誘拐組織と捜査班の息詰まる死闘! アンディ・ラウ主演でおくる実録誘拐サスペンス巨編」(Amazon.co.jpより)

映画としても、テレビで見るような中国の地方都市っぽい雰囲気も含めて、とにかくリアルな感じが良い。ただ、この映画はなんといっても犯人役の王千源に持っていかれた印象だ。ものすごい存在感。悪をひたすら飲み込んでもまだ自分を見失わなさそうな恐怖感をまといつつ笑顔を絶やさない…真に怖い人はこんなんだろうと自然に思わせる。

それにしても日本版のパッケージがヒドい…もはやアンディ・ラウが誰かわからんくなってるやん…

www.youtube.com