中国映画レビュー「柳川 漫长的告白 Yanagawa」

柳川 漫长的告白 Yanagawa

 

 

 

柳川 漫长的告白柳川 漫长的告白

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

【スタッフ & キャスト】

2021年 中国
監督: 张律(チャン・リュル)
出演: 倪妮(ニー・ニー)张鲁一(チャン・ルーイー)辛柏青(シン・バイチン)、池松壮亮、中野良子、新音(にのん)

 

 

 

【ストーリー】

中年になり自分が不治の病であることを知ったドンは、長年疎遠になっていた兄・チュンを日本・柳川への旅に誘う。
柳川は北京語で「リウチュアン」と読み、2人が青春時代に愛した女性「柳川(リウ・チュアン)」と同じだった。
20年ほど前、 チュンの恋人だったチュアンは、ある日突然、 姿を消してしまったが、今は柳川で暮らしているという。
誰にも理由を告げずに消えた彼女の存在は、兄弟の中で解けない謎になっていた。ドンとチュンは、 柳川でついにチュアンと再会するが…。

映画『柳川』公式サイトより

 

 

 

【感想】

どこか見慣れたような風景と穏やかな時間の中に、うっすら漂う不穏さを感じる2時間。彼らの旅に同行しているような気分だった。

冒頭のシーンからカメラワークが不穏だ。目線の高さで歩き、舐めるようにヌルヌル動きながら撮られる。一方で柳川に移動すると今度は驚くほど自然に撮られており、俳優たちは素晴らしく素直に存在している。だがチュアンを演じる倪妮(ニー・ニー)だけは、あのゴージャスな存在感で踏切を自転車で渡ったりするもんだから、違和感がありすぎて逆に何が何だか、話が入ってこない。柳川の風景も、いかにも柳川らしい船による川下りもしっかり出てくる一方で、僕らにはピンとこないと思うような街のはずれも映されたりして、典型的な外国人目線だけでチョイスされた訳ではない、柳川の普通の風景を撮りたいという選択基準のようなものを感じた。特に冬の寒々しい光景をわざわざチョイスしている辺りも同じ感覚なのだろうか。

ストーリーを読んでも誰が主人公だろうとは思ったが、劇中でも3人それぞれにストーリーがあり、誰か1人に集中している訳では無いから、誰の目線で見るかで印象は変わるかもしれない。だが3人のストーリーも、またそこに入り込んでくる池松壮亮演じる中山大樹のストーリーも、ふわっとしか語られない。
何かありそうだが聞けないもどかしさも、僕らが初めて知りあった相手に感じるのと同じような、あの感覚だ。特に男たちは、みんな何かに悶々としている風でもあり、腑に落ちない。翻ってチュアンや他の女性たちは何かしらすっきりしているような、立ち止まっていない雰囲気がある。男たちは、ただ彼女らの感覚について行けず、男同士で互いに牽制しあっているようにも感じた。ちょくちょく入ってくるチュアンが付き合っていたのか詮索するような質問や、阿川に抱きついたりするシーンのようなグロテスクな感じが、余計に彼ら全員の仄暗い感情を強調しているように見える。

という訳で、当初の末期がんの弟の最後の旅というお題目は次第にどこかへ行ってしまう。誰が何を求めているのかわからない旅に一緒につきあったような、そんな映画だった。

 

 

【トピック】

○ 本作は2021年10月12日に平遥国際映画祭(開幕作品)と釜山国際映画祭で同日プレミア公開された後、今年3月の大阪アジアン映画祭で日本上映。中国国内では2022年8月12日に公開された。12月16日より福岡先行公開の後、30日より全国公開。

○ 監督の张律(チャン・リュル)は朝鮮族の中国人で現在は韓国に在住。小説家から映画製作に転身し、特に自身と同じ中国在住の朝鮮族をテーマにした映画を多く撮ってきた。「キムチを売る女(2005)」や本作を含む福岡3部作「群山:鵞鳥を咏う(2018)」「福岡(2020)」などで知られる。

○ 本作は2022年の中国金鶏奨(金鸡奖)で助演男優賞、中小作品賞の2部門受賞、2部門ノミネートの高評価を受けた。中国での本作の知名度を考えると、これは非常に高い評価と言えるだろう。

2022年第35回中国金鶏奨(金鸡奖)の作品一覧 - daily diary

 

 

倪妮(ニー・ニー)

○ チュアン(阿川)を演じたのは倪妮(ニー・ニー)。本作で2022年中国金鶏奨(金鸡奖)主演女優賞ノミネート。「28歳未成年(2016)」での二役を演じ分ける高い演技力が印象的だった。中国建国100周年映画の一つで大物俳優が大量出演する映画「1921(2021)」でも主演として出演し、香港映画「バーニング・ダウン 爆発都市(2020)」でも劉德華(アンディ・ラウ)の相手役を演じるなど、着実にキャリアを積み上げてトップ俳優にたどり着いたと言える。画像のような自転車に乗る絵が全くイメージできないクラスのトップスターだ。

柳川 漫长的告白

中国映画レビュー「28歳未成年 28岁未成年 Suddenly Seventeen」 - daily diary

中国映画レビュー「1921」 - daily diary

香港映画レビュー「バーニング・ダウン 爆発都市 拆彈專家2」 - daily diary

 

 

张鲁一(チャン・ルーイー)

○ 弟、ドン(立冬)を演じたのは张鲁一(チャン・ルーイー)。中国版「容疑者Xの献身(嫌疑人X的献身、2016)」の犯人役が日本では最も知られる役だが、ドラマ「红色(2014)」、スパイドラマ「麻雀(2016)」などで知られている。

柳川 漫长的告白

中国映画レビュー「嫌疑人X的献身 容疑者Xの献身」 - daily diary

 

 

 

辛柏青(シン・バイチン)

○ 兄、チュン(立春)役は辛柏青(シン・バイチン)。本作で2022年中国金鶏奨(金鸡奖)助演男優賞を受賞した。「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎(2017)」でも金鶏奨助演男優賞にノミネートされている。一級演員で演劇でも活躍している。

柳川 漫长的告白

 

 

池松壮亮

○ 池松壮亮は兄弟が泊まる宿の主人であり、イギリスで阿川が仲が良かった中山大樹という設定で、英語での台詞もあったが、在住経験がある役としてはあの英語はさすがに拙すぎる感があった。在住しても1ヶ月以内の設定かな?という印象だ。特に倪妮(ニー・ニー)の英語が(役柄としても)非常に自然なだけに惜しかった。

柳川 漫长的告白

 

 

 

○ 中野良子は近所の居酒屋の主人役である。このシーンでは阿川は中国語を話すのに日本語で応答するという形で、中国語が理解できない事を踏まえた形で共演している。

柳川 漫长的告白

 

 

○ 中山大樹の娘という役を演じた新音はモデルで女優である。中国語で話している。

登場時に人形を持ちながら公園で携帯から流していた曲は、テレサ・テンの「月亮代表我的心」。


www.youtube.com

 

○ 兄弟が宿についた時に兄が突如歌いだした曲は、香港のサリー・イップ(葉蒨文)とジョージ・ラム(林子祥)による「選擇(選択)」という1992年の曲だ。

www.youtube.com

 

○ 最初にチュアン(阿川)がライブで歌っていたのはジョン・レノン「Oh My Love」

www.youtube.com

 

○ 主題歌となっており、劇中でも後半でのライブでチュアン(阿川)が歌っているのが「秋柳」という曲だ。元はWalter C. Stierが作ったSweet Bye and Byeという曲に、中華民国時代に詩人で禅僧・学者であった弘一(李叔同)が中文の歌詞をつけた古い曲である。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

○ 道端でミュージシャンが歌っていたのはジョン・レノンの「Oh Yoko!」。オノ・ヨーコの家系は柳川に縁がある。


www.youtube.com

 

 

 

 

 

movie.foggycinema.com

www.teppayalfa.com

www.teppayalfa.com

www.teppayalfa.com

www.teppayalfa.com

www.teppayalfa.com