最近見た中国・香港・台湾映画(2019年7-10月)

 

 

P風暴 P Storm 反贪风暴4

f:id:teppay75:20190811114636j:plain

www.youtube.com

2019 香港
監督:林德祿(デイビット・ラム)
出演:古天樂(ルイス・クー)、鄭嘉穎(ケビン・チェン)、林峯(レイモンド・ラム)、林家棟(ラム・カートン)、周秀娜(クリッシー・チャウ)

【ストーリー】
刑務所の看護師である廖雨萍[周秀娜(クリッシー・チャウ)]は、現在獄中の曹元元[林峯(レイモンド・ラム)]が看守への賄賂で早期の出所を画策していると連絡してきた。汚職捜査機関ICACの陸志廉[古天樂(ルイス・クー)]は内偵の為に受刑者として獄中へと潜入する。獄中では元警官で陸志廉に摘発された黄文彬[林家棟(ラム・カートン)]が支配するなど、様々な問題が発生していたが…

【感想】
テンポ感のあるストーリーの中、古天樂(ルイス・クー)がキレキレの緊迫感ある演技で貫禄のアクションを見せる。なにせ暑苦しく男臭さプンプンがウリな彼、周りの役者陣も一段とプンプンくるようなメンツを揃えて、唸りっぱなしであった。映像的にも最近のHDRっぽいというか、CGっぽい露出の人工的な画面にも彼の存在感はよく映える。荒唐無稽な展開もご愛嬌で、すっきり楽しめる安定の仕上がり。

【トピック】
2014年からのZ風暴 (Zの嵐)S風暴(Sの嵐)、L風暴と続いた犯罪映画、風暴シリーズの第4作。
・監督の林德祿(デイビット・ラム)はこの風暴シリーズの他、女子監獄(1988)や香港舞男(1990)などで知られる。
・古天樂(ルイス・クー)は言わずとしれた現代の香港映画を代表する俳優の1人だが、特に最近は出演作が増えており全盛期のような印象を受ける。代表作は「SPL 狼たちの処刑台(2017)」「コネクテッド(2009)」「トリプルタップ(2010)」「ドラゴン×マッハ!(2015)」など。大好きな「忘れえぬ想い(2003)」にも出ていたようだが…さて覚えがない…
・捜査機関の同僚役である、鄭嘉穎(ケビン・チェン)はカリフォルニア生まれの香港人。多くのドラマに出演している。
・林峯(レイモンド・ラム)は歌手でもある。多くのドラマにも出演。代表作は「白蛇伝説〜ホワイト・スネーク〜(2012)」。
・獄中のライバル役、林家棟(ラム・カートン)は90年代から活躍する著名俳優。主な出演作は、「エレクション(2005)」「イップ・マン 序章(2008)」「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義(2013)」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2013)」など。
・看護師役の周秀娜(クリッシー・チャウ)はモデル・女優。アンジェラベイビーと並ぶほど人気、だそうだが、個人的には中国ではアンジェラの方が圧倒的ステータスなのではないだろうか、と思う。

 

 

淪落人Still Human みじめな人 淪落の人

f:id:teppay75:20191007004239j:plain


【《淪落人》(Still Human)正式預告片(Official Trailer)】


映画『淪落の人』予告編

2018年香港
監督:陳小娟(オリヴァー・チャン)
出演:黄秋生(アンソニー・ウォン)、Crisel Consunji(クリセル・コンサンジ)、李璨琛(サム・リー)葉童(イップ・トン)

【ストーリー】

工事現場での事故の影響で、全身麻痺状態になってしまった初老の男性・昌榮。孤独な一人暮らしを強いられる彼のもとに、フィリピンから住み込み介護の家政婦がやってくる。彼女イヴリンは、広東語を話せない。コミュニケーションがとれず、イライラをつのらせる昌榮であったが、ひたむきに介護を続けるイヴリンの姿は、ゆるやかに彼の心をときほぐし、気がつけば二人は親友のような関係になっていたのであった。

みじめな人|OAFF2019|Special Focus on Hong Kong 2019より

【感想】
香港らしい賑やかさの奥にある優しさが全編を覆い、多くの登場人物の優しさが染み入ってくる。何度目かに香港を訪れた際、日曜日の中環に大勢のフィリピン女性達が集まっていて驚いたことがある。映画のイヴリンもそんな家政婦のひとりだ。大変な境遇が映画内でも頻繁に明かされる。一方で香港人は、中国ほどコッテリした人間関係ではないとはいえ、人情はとても大切なもので、その空気感が映画内に濃厚に現れる。主演の黄秋生(アンソニー・ウォン)の境遇にも思いを馳せるとより一層染みる映画であった。

【トピック】
・ロングランヒットし、香港電影金像奨でも最優秀主演男優賞[黄秋生(アンソニー・ウォン)]、最優秀新人賞[Crisel Consunji(クリセル・コンサンジ)]、新人監督賞[陳小娟(オリヴァー・チャン)]の3部門を受賞している。2019年大阪アジアン映画祭で公開の後、2020年2月より日本公開。
・監督の陳小娟(オリヴァー・チャン)は今作が長編デビュー作。
・主演の車椅子の老人役、黄秋生(アンソニー・ウォン)は80年代から活躍する俳優。「インファナル・アフェアシリーズ」 「頭文字D THE MOVIE」(主人公の父親役)などで知られているが、2014年の香港雨傘革命では運動を支持したために中国市場から干される事となった。
・もうひとりの主演、フィリピン人お手伝い役のCrisel Consunji(クリセル・コンサンジ)も今作が映画デビューのフィリピン系香港人。元々子どもの教育に携わっており、舞台の経験があった程度だそうだ。
・息子役の李璨琛(サム・リー)は、フルーツ・チャン監督によってスカウトされ、「メイド・イン・ホンコン(1997)」で主演デビュー。第17回香港電影金像奨最優秀新人賞を受賞した。90年代にはニコラス・ツェーらと並んで、若手香港スターの一人として活躍。 「ピンポン(2000)」では、孔文革(コン・ウェンガ)役で存在感のある演技を見せた。「無問題2(2001)」にも出演。今作の制作を手掛けるフルーツ・チャンの人脈によるキャスティングだろうか。
・意地の悪い娘役の葉童(イップ・トン)は多くの受賞経験もある女優である。「風の輝く朝に(1984)」などで知られる。

cinemarche.net

rinraku.musashino-k.jp

 

 

 

大三元 Big Three Dragons

f:id:teppay75:20191007002731j:plain


《大三元》Big Three Dragons Trailer | In Cinemas 21 March

2019年台湾
監督:陳怡妤
出演:張軒睿(デレック・チャン) 、 陳嘉樺(エラ・チェン) 、 黃仲崑(マイケル・ホァン) 、 方季惟(ソフィア・ファン) 、 溫翠蘋

【ストーリー】
富豪である盛家一家は、麻雀の能力で財を成してきた。孫である曉白[張軒睿(デレック・チャン)]は祖父の何回忌かのタイミングで家業を継ぐつもりでいた。だが、友人と遊んで不在にしているうちに叔父の南風[黃仲崑]に家業や資産を乗っ取られてしまう。行くあてもない曉白は房仲[陳嘉樺(エラ・チェン)]に連れてこられた無連荘で愉快な住人たちと過ごすうちに、麻雀で家業を取り戻すことを決意する。果たして曉白の試みは成功するのか…

【感想】
思っていたより楽しめた!張軒睿(デレック・チャン)の嫌味のない雰囲気も良かったが、なによりも陳嘉樺(エラ・チェン)がいいキャラを出している。サバサバした雰囲気なのに時折見える可愛げが両立していて、さすが人気者だというのも納得の輝きを放っている。全体のテンポもいいし、住人たちをはじめとして脇役たちのキャラもよく立っているので飽きずに見ていられる。もちろん麻雀の知識はまったく必要ない。

【トピック】
・台湾で歌手・俳優・司会者としてマルチに活躍する著名男性タレント、澎恰恰(ポン・チャチャ)によるプロデュース。
・監督の陳怡妤は、台湾の女性監督。アメリカ・カナダで活動ののち、「當家花旦(2012)」というドキュメンタリーで知られるようになる。他にNetflix「双城故事: 彼女たちの二都物語」など。
・主人公の張軒睿(デレック・チャン) は台湾出身の俳優。2019年現在26歳だが2016年のドラマ「狼王子 Prince Of Wolf」で人気となる。他には、ドラマ「記憶の森のシンデレラ~STAY WITH ME~(2016)」やドラマ「年下のオトコ(2019)」など。日本語のファンクラブページもある。
・主演の陳嘉樺(エラ・チェン)は台湾の歌手・女優。大人気アイドルグループS.H.Eの一人として2001~2010年まで活動。その後ソロに。「欠けてる一族 (缺角一族)」にも出演。
・敵役の黃仲崑(マイケル・ホァン)は、80年代から活躍する台湾人の俳優。「大釣哥 Hanky Panky(2017)」で知られ、主演した「范保德 Father to Son(2018)」での演技も評価された。今年2019年は妻夫木聡、豊川悦司が主演した「パラダイス・ネクスト」にも出演した。
・方季惟(ソフィア・ファン)は80年代に大活躍したいわゆる「玉女」と呼ばれる歌手のひとりである。彼女はなかでも「軍人さんの恋人」という異名で知られた。

 

 

未择之路 The Road Not Taken 選ばれざる路

f:id:teppay75:20191007003646j:plain

www.youtube.com 未择之路 (The Road Not Taken) 中文电影版预告片

2018年中国
監督:唐高鹏(タン・ガオポン)
出演:王学兵(ワン・シュエビン)、朱耕佑、马伊琍(マー・イーリー)、王旭峰、岳小军

【ストーリー】

人生に疲れた男と女、そして少年が中国西部ゴビ砂漠をドライブしながら生きる意味を探すロードムービーで、主演マー・イーリーが突然夫に逃げられたトラック運転手を演じる。

大阪で中国最新作紹介する映画祭 9、10日 - 産経ニュースより

【感想】
見ごたえのある映画。昔ながらの感覚で日々無計画に過ごしていた男。虐待に近い扱いを受けてひねくれつつも、思いを表現できない男の子。厳しい社会を自立することで強く生き抜こうとする女の3人が、荒涼とした土地で次第にお互いを認め合い始める。セリフでなく演出で見せていく説得力。子供のクセのある演技が大変印象的で、「こいつらのその後」がまた見てみたくなるような実存性のある映画だ。

【トピック】
・2018年の第21回上海国際映画祭でアジア新人賞部門「最優秀作品賞」を受賞。
・監督の唐高鹏(タン・ガオポン)も同映画祭でアジア新人賞部門「最優秀監督賞」を受賞。元々はCMディレクターで、映画は今作が初監督作品。
・主演の男役、王学兵(ワン・シュエビン)は新疆ウイグル自治区ウルムチ出身の俳優。今回の映画内では全編西北方言で話している。「白日焰火(薄氷の殺人、2014)」などに出演。
・もう一人の主演、马伊琍(マー・イーリー)は言わずと知れた人気女優。「找到你 Lost, Found 失踪、発見(2018)」でも主演であった。トラック運転手役であるため極力ノーメイクで撮影に臨んでいる。
・子役の朱耕佑は、今回が初出演で1万人から選ばれたそうだ。

 

 

寒單 Handan

f:id:teppay75:20191007002102j:plain

www.youtube.com《寒單》官方正式預告 HAN DAN - Official Teaser

 

2019年台湾
監督:黃朝亮
出演:胡宇威(フー・ユーウェイ、ジョージ・フー)、 鄭人碩(Cheng Jen-Shuo) 、 黃瀞怡、林予晞(アリソン・リン)

【ストーリー】
毎年1月15日に行われる、銅鑼と花火で繰り広げられる祭、寒單。彼女である李文萱(萱萱)[林予晞(アリソン・リン)]を寒單の日の事故で亡くし、喪失感で全てを失った林正昆[胡宇威(フー・ユーウェイ)]は教師になる道も捨てアウトローへの道へと転落していった。一方幼馴染で兄弟分の黄明义[鄭人碩(Cheng Jen-Shuo) ]もまた苦しい中でスクラップ工場をやりくりしつつ、この苦難を乗り越えようとしていた。

この映画はきちんと見ていないので、備忘録としておく。