中国映画レビュー「薬の神じゃない! 我不是药神 Dying to Survive ニセ薬じゃない!私は薬の神ではない」

我不是药神 Dying to Survive ニセ薬じゃない!私は薬の神ではない 薬の神じゃない!

我不是药神 Dying to Survive ニセ薬じゃない!私は薬の神ではない

www.youtube.com 徐峥、周一围主演《我不是药神》国际版预告片

www.youtube.com 映画『薬の神じゃない!』予告編

 

2018年中国
監督: 文牧野(ウェン・ムーイエ)
出演: 徐铮(徐崢、シュー・ジェン)、周一围、王传君(エリック・ワン)、谭卓(タン・ジョオ)、章宇、杨新鸣

この夏話題だったというヒット映画。しがない健康食品屋の元に、難病に苦しむ中高価な薬を飲む患者がやって来る。インドからある薬を密輸してほしい、と。政府と製薬会社の横暴さを嫌い、彼と患者たちのチームで安価で密輸した薬は評判になり大儲けもできたが、やがて警察に発覚し投獄されるが…

他の映画評でもあるように、現代中国の暗部も描かれ政府も動かした映画だが、何よりエンタテインメントとして成立させてる所が素晴らしい。上質のチーム犯罪物として、メンバーのキャラがしっかり描かれている。警察や製薬会社との攻防の描き方も巧みで、アウトローなりの筋の通った行動原理もあり、単純に楽しむ事もできる。
日本でも映画祭で公開の後、2020年10月から本格公開決定。日本版タイトルはころころ変わっているのでご注意。

j.people.com.cn