タイの車以外の

今回目についたのはヨーロッパ車が多かった。

本当はもっと街を走る埋もれそうな古いクルマたちを撮りたい。

 

泊まったホテルに、なんとデイムラーとメルセデス。特にデイムラーはホテルの送迎用として用意されていたものの様子。

f:id:teppay75:20181128170813j:plain

 

 

このメルセデスについて。

客先で地元の新聞を見たら、同型のメルセデスを不法輸入した疑いで僧侶の偉い人が捜査中と、大々的に書かれていた。エンジンとボディをパーツ名目として別々に輸入して後に組み直し、関税逃れをした疑い、だそうだ。

DSI bares illegal import of Somdet Chuang's Mercedes | Bangkok Post: news

www.bangkokpost.com

56年式の300Bだそうで。まったく同世代。なんたる偶然。

 

マッカサン駅の近くでは、アルファロメオのジュリアに遭遇。隣のオシリ向けているのもジュリアのセダンっぽい。閉店したガレージのようだが、在庫のまま眠らされているのだろうか。

f:id:teppay75:20181128170824j:plain

 

 

こんなところで遭遇するなんて。オースチン1300のMk-2。元マイカーの兄弟だ。レイランドエンブレムを模したかのようなぶっといホイールがご愛嬌。しかし美しい。

f:id:teppay75:20181128170833j:plain

 

 

ルンピニ公園の隣ではネオン・フェスタというイベントを開催中らしく、そこに止まっていたのがなぜかフォード・コーティナ。ベスパとのコンビで素敵ですな。

f:id:teppay75:20181128170848j:plain

 

朝だからイベントは見れず、でもこういうヨーロッパ・エッセンスの取り入れ方のセンスも、もう世界標準レベル。

 

その向かい側にはプジョー505。ちょっと笑ってしまうオリジナルアレンジが好感。

f:id:teppay75:20181128170856j:plain

 

 

またまた遭遇したタイの白バイは、またCBR。どうやらこのチョイスは警官個人が購入するシステムだから、だそうだ。

 

f:id:teppay75:20181128170904j:plain